最近のトラックバック

最近扱ったテキスト

  • ディック・へブディジ: サブカルチャー -スタイルの意味するもの
    英国本家サブカルチャー。カウンターカルチャーとしての歴史。
  • 小川洋子: 博士の愛した数式
    数字が繋ぐ「家族」。
  • 穂村弘: 手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)
    現代短歌、ニューウェーブ歌人とは。
  • 大塚英志: 定本物語消費論
    サブカルチャー研究の課題図書ともいえる一冊。
  • 斎藤環: 戦闘美少女の精神分析
    戦闘美少女アニメというサブカルチャー。
  • 西島大介: アトモスフィア
    セカイ系の漫画とは。
  • 吉田満: 戦艦大和ノ最期
    千田先生の発表。 そして「宇宙戦艦ヤマト」へ。
  • 中島敦: 中島敦全集〈1〉
    卒論発表「古譚」。中島敦人気は根強い。

リンク

« ゼミ報告・次回予告その14 | トップページ | ゼミ報告・次回予告その16 »

2007年7月19日 (木)

ゼミ報告・次回予告その15

7月13日金曜日に、現代文化研究会(発表者・藤崎)が行われました。ご参加くださった皆様、どうもありがとうございました。感想等ございましたら、コメント欄にてどうぞ。

次回は7月20日金曜日、時間は18時からとなります。どうぞよろしくお願いいたします。

発表者は田村です。テキストは雑誌「マス・コミュニケーション研究」70号(日本マス・コミュニケーション学会 学文社)より、田村謙典「美学的な映画・複製技術としての映画-1930年代の映画教育論争=「動く掛図」論争をめぐって」です。

マス・コミュニケーション研究 70 (70) Book マス・コミュニケーション研究 70 (70)

販売元:日本マスコミュニケーション学会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらのリンクからも購入できます。

皆様の参加をお待ちしております。

あと、余談ですがブログパーツで「ギョタク」を設置してみました。ページ下部にあります。

*スズキ*

« ゼミ報告・次回予告その14 | トップページ | ゼミ報告・次回予告その16 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゼミ報告・次回予告その14 | トップページ | ゼミ報告・次回予告その16 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ついったー

無料ブログはココログ